ケージは意外と大きいモノなんです。存在感半端ないし、どうせならあまり目立ってほしくない。

しかも我が家のケージには屋根はなく、飛び出し防止のための編み編みのネットを取り付けるのみ。

 

存在感ありすぎて、どうせ目立つならケージの上部を利用できるようにしたいと常々思ってました。でも、なかなかアイデアわかず・・・(>_<)

が!!先日ポンッとアイデアが湧いたので、形にしてみようとさっそくDIYです。

 

材料はリメイクした棚。不要になった扉をケージの屋根に利用します!!

 

キャビネットをリメイク

 

この扉を屋根リメイクします。

材料が重いのでどうしようか迷ったんだけど、なんとかなりそうだったので利用することに。

 

リメイク用設計図

 

これが図面ですけど何か?

ミムラしかわからんと思うわ(笑)

 

キャビネットのリメイク

 

図面通りに印つけて、カットしていきます。

きれいにカットしてあった方が仕上がりも満足できると思うので、ここは絶対手は抜かない。

 

のこぎりで板をカット

 

以前、柵を作ったときにのこぎりを外に出しっぱなしでしまうのを忘れてしまい・・・

一部錆が発生してしもた(;´・ω・)

 

切れ味は問題ないので、使い続けてます。小ぶりですが、使い勝手は最高ののこぎり。

2cmの厚みの板も何の問題もなく切れてしまいました!!

 

今度、替え刃のみ購入しようと思いま~す( ̄▽ ̄)

 


シルキー ポケットボーイ 万能目 170mm 340-17

 

 

 

まっすぐきれいに切れました!!ちょっと時間はかかるけど、そんなことは問題外です。

 

紙やすり

 

カット面とペイント面にやすりをかけます。

紙やすりはダイソーのもの。以前購入していたものです。

 

隣りに写っているのは、サンドペーパーホルダー。紙やすりを挟んで固定、やすりがけがやりやすくなる代物です。

やすりでカット面のささくれとペイント面の塗料を削り取ります。

 

ゆずこさんが怪我したら大変だからね。

愛犬ゆず子さん

 

今年12歳になるおばあちゃんですが、まだまだやんちゃな面を持ち合わせてて、めんこいんです。

 

ダイソーミルクペイントでペイントしていきま~す!

 

ペイントは、リメイク棚で使ったダイソーミルクペイントです。

●関連記事⇒ダイソーミルクペイントを実際に使ってみた使い心地と感想!

 

 

今回ははじめから水で薄めて使っていきます。塗りやすいからね。

ダイソーミルクペイントの水の量は、下の↓画像を参考にどうぞ!!

 

ダイソーミルクペイントの薄め方

 

 

出た!!いつもの刷毛と豆腐が入ってたプラケースでペイントです。

ダイソーミルクペイントでペイントする

 

 

一度目のペイント。水の量もちょうどいいですね。

ダイソーミルクペイントでペイント

 

 

二度目のペイント!二度塗りで良さそうかなあ?

ダイソーミルクペイントでペイント

 

 

古くなったジーンズもリメイクして利用していきます。

 

ジーンズのリメイク

 

めんどうなんだが、このあと縫い合わせることを考えて、縫い目をほどいて1枚の布にしていきます。

 

息子が残していった古着のジーンズが役にたちそうです。あと4~5本のジーンズをほどいていく予定。1本のジーンズをほどくのに1時間かかったし(;^ω^)

今日もこれからジーンズをほどいていきますよ!!

 

ケージの周りを覆う布カバーに仕立てていきます。

 

これで、新しい布を買わなくてもいいし、古着のジーンズを使い倒していけます。丈夫だし、生地も厚め、しかもジーンズだからカッコいいしね♡

 

 

というわけで、作業に入るので記事はここまで!

続きはまたあとでね( ̄▽ ̄)