よかれと思って作っても、いざ使ってみると意外と使いにくかった!!

そんな経験が誰しもあるかと思います。

 

 

懸命に作った、愛犬ゆず子さんのケージ屋根も使いにくく、形を変え、ようやく最終形態に落ち着いているので、お見せしようと思います。

 

 

犬ケージの屋根を手作りDIYしよう!最終形態お見せします。「実は作り直していました」

 

これまでの経緯がわかる記事

犬のケージの屋根を手作り、DIYしよう!材料は扉をリメイク!!

犬のケージの屋根を手作り、DIYしよう!材料は扉をリメイク!!その2

 

 

実はですね、最初に作ったケージの屋根ですが、作り直しました。

理由は・・・

 

・ゆず子さんのウ●コを取るための隙間が意外と小さく、手が届かない

・ケージを掃除するときに、屋根が重すぎる

 

という理由からでした。

 

で、とってもシンプルに化粧天板にL字の金具を取り付けただけ(笑)

軽いので動かすのも楽になりました。

 

 

 

犬ケージの屋根を手作りDIYしよう!最終形態お見せします。実際の画像はこちら!

 

L字金具をストッパーの役割として化粧天板に取り付けただけ。

犬のケージの屋根を手作りDIYしよう!

 

 

全体像はこちら。

犬のケージの屋根を手作りDIYしよう!

 

 

メリットとしては、

・天板が軽いので動かすのが楽

・天板の上には、使用頻度の高いものが置ける

 

 

天板の上には、毎日使うトイレットペーパーとペットシーツを1~2枚くらい置くように心がけてます。

 

 

 

犬ケージの屋根を手作りDIYしよう!最終形態お見せします。今現在のケージの役割と変化

 

今のケージの役割は、ゆず子さんのトイレ。

完全に寝床ではなくなってしまっています。というのも、イケアで買ったベッドが寝床になってしまったからなんですね。

 

関連記事⇒【犬の居場所を考える】犬が落ち着く居場所を考えてみたよ!!

 

 

ケージじゃないと用を足してくれないので、そのまま置いてます。

 

ホントはトイレだけにしたいんだけど、「ケージの中で用を足す」ことが子犬の頃からの約束事。躾けたことは簡単には変わらないようですね。

 

 

 

ケージの役割は変わったけど、ゆず子さんにとって安心できる場所であることは、間違いないようです。