全身麻酔、手術当日はこうなります!これから手術受ける方、参考にどうぞ。

 

全身麻酔ってすごいですね。

気が付いたときには、手術はすでに終わってるという・・・。

全身麻酔がある時代に手術ができて良かったとつくづく思います。

 

 

 

気がついたときにはすでに手術は終わってました!

 

名前を呼ばれて気が付いたときには、

まだ呼吸のための管が入っている状況でした。

 

 

手術がどうこうより「はよ、管抜いてくれ~!!」

と思いました。だって、苦しかったんだもん。

 

管を抜くとき、苦しいだろうなあって

術前は思ってたんですが、入ってる方が苦しかった!

 

抜いてもらった瞬間「はぁ~楽!!」って思いましたよ。

 

麻酔が完全に切れる前に、着替えをされたり、

痛み止めを入れてもらったりしてたようですが、

ウトウトしていたので、何となくの記憶のみ。

 

 

手術室でベッドに移されて、

病室に帰ってきたのも曖昧な記憶のみでした。

 

 

腕には血圧計、点滴、胸には心電図、

指には酸素モニター、口には酸素マスク。

幸い、排液のためのドレーン、尿の管は入りませんでした。

 

 

手術室までは歩いていきました

 

時間少し前にトイレを済ませて、

血栓予防のストッキング(膝下)を着用して準備OK!!

思ったよりは落ち着いてるかな~って感じでした。

 

 

担当の看護師さんに付き添われていよいよ手術室へ移動です。

 

 

乳がんって部位が部位だけに、手術室まで歩いていきました。

ストレッチャーでガラガラといくわけじゃないんですね~。

(ドラマの見過ぎですかね笑)

 

 

手術日の一番乗りだったもので、

点滴も手術室に入ってからやりました。

 

 

地元でも大きな病院なので、手術室もいくつもあるんです。

何個あるか数えればよかったな~と、今になって思います。

 

 

そして時代ですね。

何をするにも名前と生年月日を尋ねられ、確認が行われます。

名前と生年月日の確認は入院中もですが、外来でも同様でした。

 

 

 

手術室は清潔区域

 

 

ドラマでよく見ますが、頭にキャップをかぶり

髪の毛が落ちないようにします。

 

 

手術室に入ってから、パジャマ脱いで上半身裸!

自分で手術台に上がるのよね~なんかイメージと違う(笑)

 

 

時期的に新人さんなのかな?若いスタッフさんが数名いる。

そういえば、前日の麻酔の説明してくれた先生も若くてビックリした。

でも、すでに手術室にいる年期入ったコワモテのスタッフは誰?

 

 

手術の反対の腕に点滴をするんだけど、

血管が見えにくかったようで・・・。

 

若いスタッフさんがもたもた血管探していると、

「手背(しゅはい)見えないのか?」とつかつか近づいてきて

ビシバシと手背をたたきはじめました。

 

今まで血管が細いって言われたことなかったんですけどね。

冷房と緊張で冷えてたから見えにくかったかな?

できれば前腕で血管確保してほしかったな~( ̄▽ ̄)

 

 

⇓手背に点滴確保するとこんな感じで邪魔よね~

 

 

ちなみにコワモテのスタッフさんは、

ベテラン麻酔科医のようでした~!

 

 

その後はマスクで酸素吸入しながら、血管から徐々に麻酔薬投入。

「麻酔のお薬入っていきま~す。徐々に眠くなりま~す。」

「は~い!」ああ・・・まぶたが落ちる。

 

 

この後、気管カニューレが口腔内から挿入されて、

呼吸器で呼吸を管理していくのですね~。

 

 

あとはまな板の上の鯉状態。こんな状態やな・・・。

 

 

手術スタッフさんにおまかせするのみです。

 

 

 

手術後、病室で行われたこと

 

状態の観察が時間で行われました。

 

体温測定・血圧などバイタルサインと全身状態のチェック!

創部の観察・出血の有無・痛みの有無と程度

自力で痰が出ているか?などなど。

 

 

この時点では、絶食中なので点滴管理もですね。

 

 

あと、肺塞栓症(エコノミークラス症候群)予防のための

マッサージ機が両足に付けられています。

 

 

創部へ排液のためのドレーン(管)と

尿管(おしっこの管)は入りませんでした。

 

 

手術当日は全身管理がまめにおこなわれました。

「あれ?ついさっきも熱測りましたよね?」みたいな( ´艸`)

 

 

手術当日は出血や発熱など、急変もありえますからね。

これでもか~!!というくらい観察されますよ。

 

 

 

傷の痛みは個人差が大きいみたいです!

 

傷の痛みですが、麻酔が覚めた直後の

ぼんやりとした記憶では痛みがあって。

 

スタッフさんの声で「痛み止め入れました~!」って

やりとりしているのが聞こえました。

 

その後はウトウトしていて、

あまり痛みは感じませんでした。

 

 

麻酔がしっかり覚めてからも、

強い痛みはなく落ち着いていましたね。

もちろん動けば痛いですが、我慢できる程度でした。

 

 

ただ、痛みについては個人差が大きいようなので

何とも言えませんが・・・。

 

 

めっちゃ痛いのを想像していたので(痛いの大嫌い)

よかったのかもしれませんね( ̄▽ ̄)

 

 

陣痛の方が痛かったですよ~(笑)

女は痛みに強い!って言いますからね。

 

 

男性の方には参考にならず、すいません<(_ _)>

 

 

 

手術当日の夕方にはトイレ歩行!さっさと歩いてね!!

 

状態が良ければ、夕方にはトイレ歩行も可能とのことでした。

いや~マジですか?予定表では翌日とか書いてあったけど。

 

 

主治医の先生の方針でもあるようで「夕飯も食べていいよ~♪」だって。

 

だからおしっこの管も入れなかったのね。

 

「夕方にはさっさと歩いてね!」というのが先生の方針なんですね。

それと、消化器の手術ではなかったからというのもあるようです。

内蔵いじらないもんね!

 

 

ですが、あまり食欲がなかったので

食事は翌朝からにしてもらいました。

 

 

結局、傷からの出血もなく状態もとてもよく、

夕方には歩いてトイレへ行きました。

傷痛いけど、歩いてトイレで用が足せるって幸せね。

 

 

こんな感じで手術当日の夜は更けていったのでした。

 

 

夜ですか?

痛みは関係なく、まったく眠れませんでしたね(笑)

 

その話はまた今度・・・。