乳がん治療後初のマンモグラフィーと定期健診まとめ

 

昨年の乳がんの手術が8月。

9か月が経ち、治療後初のマンモグラフィー検査をしてきました。

 

乳がん治療後定期検診についてミムラの体験をまとめたので、参考にしていただければと思います。

 

乳房がある以上、乳がんの再発リスクは常にあります

 

タイトル通りです。

乳がんになりたくなかったら、乳房を全摘するしかないですよね(-_-;)

 

乳房温存してるので、乳がん再発のリスクは常にあります。

定期的な検診が大切!ということですね。

 

 

ミムラの乳がん体験をまとめた関連記事もどうぞ~⇒カテゴリ・乳がん

 

 

マンモグラフィー潰される乳房!やっぱり痛い~!!

 

マンモグラフィって乳房を平べったく潰して撮影します。

薄い方がいいんですね。「痛いとき言ってくださ~い!」って言われます(笑)

 

今回も左右2方向で4枚撮影されました。撮り直しもなく、一発OK!!

 

ミムラは乳腺嚢胞がたくさんあるので、乳房を潰されると乳腺嚢胞が痛むんですよね。

で、今も痛いです(>_<)

 

関連記事⇒乳腺嚢胞とは?

 

マンモグラフィー

 

 

エコーで乳房、腋窩など乳房周囲も調べます

 

再発と転移は怖いですからね。しっかと経過をみてもらいました。

甲状腺もみてもらってます。

 

エコー検査

 

採血で腫瘍マーカー値も調べます

 

最後は採血で血液データーを調べました。

ミムラ、貧血もあったので鉄も一緒に・・・(笑)

 

検査結果はいつも郵送してもらっています。

 

 

次回定期検診は4か月後

 

次の検診は4か月後に・・・と言われました。

年3回の検診ということになりますね。経過が良ければ、定期検診の間隔が長くなっていく予定です。

 

年齢的にも自身の体は衰えていくようになるので、しっかりと管理していきたいですね~。