ステロイドがあまり効かず、タクロリムス軟膏を試し始めて、ひと月以上経ちました。

顔の湿疹が一気に悪化した状態からの、タクロリムス軟膏の開始でした。

 

湿疹、赤み、痒みが酷く、仕事に行くのも嫌になるほどで、ついつい下を向いてしまいがちでした。

 

今回は【痒疹・治らない湿疹の謎13】タクロリムス軟膏をひと月使い続けた皮膚状態お見せします、という内容でお届けします。

 

タクロリムス軟膏を使いはじめてから、あれ?と気づいたこともあったので、そこもメモしていきますね。

 

【痒疹・治らない湿疹の謎13】タクロリムス軟膏をひと月使い続けた皮膚状態お見せします after画像のみですが・・・

 

before画像を撮っておけばよかったと後悔(-_-;)

 

さっぱり比較になりませんが、湿疹の悪化とやや改善をひたすら繰り返している、ミムラのお肌です。

 

関連記事⇒【痒疹の治療記録1】痒疹の診断から1週間、今の湿疹の状態はこんな感じです。。。

 

何だろうね~?

もう、何が何だかわかりませんよ。

 

 

では、顔の右頬から・・・。

【痒疹・治らない湿疹の謎13】タクロリムス軟膏をひと月使い続けた皮膚状態お見せします右

 

湿疹、赤み、痒み、色素沈着、皮膚内にポツポツとありますが・・・。

自分の顔だけど、見てるのは正直辛いわ。

 

 

では、次に左頬です。

【痒疹・治らない湿疹の謎13】タクロリムス軟膏をひと月使い続けた皮膚状態お見せします左

 

右より左の方が、まだましかな。

それでも、湿疹も赤みもかなり引いてきてるんですよ~( *´艸`)

 

特に感じていることは、

・湿疹の場所が顎の方まで下がってきていること。

・ほっぺにできる湿疹の数が少なくなったこと。

・湿疹ができても治りが早いこと。

・湿疹の熱感が引いてきてること

 

4つめの「湿疹の熱感が引いてきてること」は炎症が引いてきている証拠。

タクロリムス軟膏を使うまでは、触ると熱感があって熱かったんですよ。それだけ炎症が強かった!のだと思います。

 

 

毎日見ていると、自分ではわからなかったのですが、ひと月ぶりくらいでお会いした方数名から「お肌綺麗になってきたね~」って言われました。

 

どれだけひどかったの~(´;ω;`)

見られたもんじゃなかったんでしょうね。

 

 

【痒疹・治らない湿疹の謎13】タクロリムス軟膏をひと月使い続けた皮膚状態お見せします ヒルドイドでの保湿を一時、やめたわけ

 

実は、タクロリムス軟膏のことを調べていて、傍と気づいたんですけどね。タクロリムス軟膏はアトピー性皮膚炎の治療薬という扱いです。

 

ミムラの顔の湿疹がアトピー性皮膚炎ではないにしろ、何らかのアレルギー反応による湿疹という扱いで治療を受けている状態です。

 

また、皮膚が痒くなり掻いてしまうと、子供の頃からの人工蕁麻疹は相変わらず出現してしまいます。

 

人工でも急性の蕁麻疹でも、皮膚が膨隆して痒くなる症状は一緒。蕁麻疹は、皮膚を冷やすとかなり落ち着きます。

 

なので、体を温めすぎないよう注意していたのですが・・・。体が温まると血流が良くなり、体が痒くなる。そこで、はた?と気が付いた!!

 

 

あれ?血流が良くなる・・・ヒルドイドって血流を良くする効能あったよね?

それって蕁麻疹には良くないんじゃないの?!と。

 

皮膚に刺激を与えないよう、掻かないよう、触らないよう・・・といろいろ注意してきたのに。めっちゃ血流良くなってんじゃね??

 

それはいかん!!

 

血流促進はまずいのですが、保湿をしないという行為は今はできない。では、保湿はするけど血流を良くする効果がないものとは?

 

化粧水などは使いたくない。馬油は?馬油は合わなかったんだよなあ・・・。混ざりものがないのがいい!

 

 

出した結論は、「ヒルドイドを一時中止に、保湿はワセリン軟膏のみにする!」

とりあえずの応急処置ですけどね。これで、皮膚状態をみていきましょう。

 

 

【痒疹・治らない湿疹の謎13】タクロリムス軟膏をひと月使い続けた皮膚状態お見せします 原因物質を完全に避けるのは難しい!

 

顔の湿疹、というかミムラの体に、アレルギー反応を引き起こす原因物質すべてを完全に避けるというのは、不可能に近いなあと思いました。

 

仕事上、どうしても原因物質に触れる機会は多いので、今すぐ仕事辞めなくちゃならないです(笑)

 

そうすると、今自分ができる最大限の努力をするしかありません。

 

 

・食事内容、休息のとり方、睡眠時間など日常生活を整えること。

・ストレスを抱えないよう、無理をしないようにすること。

・皮膚の清潔・保湿、掻かない、刺激を与えない。

 

 

お正月に実家の父と話したんですけど、私の体質は完全に父親のコピーです(笑)

父は私の肌を見て、「ほんと同じだなあ・・・」とポツリ。

 

父も40代は皮膚科に通ったりしてたそうで。結局、軟膏を塗っても良くならなかったそうです。で、父が出した結論は・・・

 

 

何もしない、何も塗らない

 

 

あっそ~ですか!( ゚Д゚)

 

 

もがいた人間の行きつく先は、結局「何もしない」というシンプルなこと。

余計なことするな!!っていうことなのかもしれませんね。

 

またひと月後に、画像と共に湿疹の状態をUPしてみたいと思います。