先日の仕事休みの日、口腔外科の受診をしてきました。

嚢胞か?腫瘍か?の問題を早く解決に導きたい、次の予定を絶対に決める!と心に誓っていざ病院へ。

 

今回もミムラの体験記録として残していきます。

 

採血結果に対しては特になし!では次に行うべき必要な検査とは?

 

レントゲン、CTは撮った。

採血もした。

午後から造影剤を使ってMRIを撮る。

造影のMRI検査をしました

 

 

じゃあ、次に行うべき必要な検査ってなんだろうね。

 

いろいろと調べてみると、後は顎の中にあるブツが嚢胞か?腫瘍か?生検をするって選択肢しか残ってないのですよ~苦笑(;^ω^)

 

では、ミムラが先生にお願いすることはただひとつ。

 

痛いのだけは絶対にイヤだ~~~!!(´;ω;`)ウゥゥ

と、できるだけ全身麻酔に近い形でブツを取ってもらうことだけです。

 

 

いつもの調子で先生、前回にお話ししてくれたことをもう一度話してくれます。

「え~前回これが嚢胞か?腫瘍か?判別が難しいというお話をしたわけですが・・・」

 

「・・・(したっけ???)」⇐ここがADHDの忘れっぽいところ(笑)

 

まあ確かにされたとは思うけど、前回だったかどうかまでは、まったくもって覚えてません。ミムラ、いつもこんなもんっす(笑)

 

でも、毎回これまでの振り返りをしてくれるので、忘れっぽいADHDにはとってもありがたい先生のお話です。

 

 

「採血は問題ないとして・・・」

 

「はい・・・(くるよ~!本題くるよ~!!)」

 

「次に行うべきことは、局所麻酔で歯を抜いてからその穴から嚢胞か?腫瘍か?と思われるモノを取って、検査します。」

 

「はい・・・(やっぱりそうきたか)」

 

 

生検で確定診断をつけてからが本番か?外科ってそういうもん

 

「で、結果によってはそのまま終了か、再手術か・・・ということになるのかな、と」

 

「は?再手術ですか~!!(1回で終わらない場合って、悪性かエナメル上皮腫を疑ってるのかなあ・・・)痛いの苦手なので、できるだけ痛くない方法でお願いしたいんですけど。」

 

「もちろん麻酔はかけます。点滴もするし、外来でやる手術の麻酔よりもランク上の麻酔かけるから。それに再手術の時は全身麻酔になるから、2度も全身麻酔にするのもね・・・」

 

「・・・(;´・ω・)」

 

「短期に入院してもらいます。骨削らなきゃならないから、結構出血するし、痛みもあるし。あ、結構腫れるし・・・。」

 

「怖い~~~」

 

「大丈夫、入院して管理するから。」

 

「大体、何日くらいの入院になりますか?」

 

「オペの前日入院、翌日オペ、経過良ければ次の日退院、でも出血が多かったり、痛みがひどければ翌々日か、もうちょっと入院になるか。」

 

「わかりました・・・」

 

「どうしますか?次回にオペ日決める?」

 

「いや、今日決めちゃいます。お休みはもらいます。」

 

「そう。(先生、予定表をめくりながら・・・)じゃいつがいいかな~♪」

 

「(カレンダーを見ながら)では9月〇日にお願いします。」

 

「じゃ、逆算して・・・8月の〇日あたりに術前検査入れましょう。お休み取れる?」

 

「大丈夫、入れます!」

 

 

衝撃発言!外科医ってこんなもん

 

ここで、看護師が手術の予定表を持ってきながら「先生、オペは外来ですか?」

 

「いや、道具揃えて手術室でやるから・・・。手術室予約入れて!!」

 

「わかりました~♪」

 

 

今なんつった?

「道具揃えてって言ったよね??:(;゙゚”ω゚”):」

 

道具って何???どんなの????

 

 

そりゃ、外科医にしてみたら手術なんて、切った貼ったの世界だろうし。

メスだのクーパーだの鑷子だの、確かに道具だよね。手術するためのさ・・・。

 

この話を娘にしたら、「道具なんだ~(笑)」と大爆笑されました。

 

 

 

道具と言われ、思い浮かべたモノとは??

 

口腔外科手術の道具

 

拷問やろ・・・

 

 

次回はいよいよ全検査結果についてと術前検査!

 

いや~長かった。

 

といっても、治療はこれからだから、まだ準備段階なんですよね。まだ何も始まってない。結果によっては、再手術になるかもしれないからさらに長くなるかも・・・。

 

緊急性が無いから、検査も一つ一つしか進まないし、当の本人は早く終わらせたいけど、病院側の流れとしてはこれが通常なんですよね。

 

できれば年内には終わらせたいなあ・・・。