【痒疹・治らない湿疹の謎9】ノンメタルまであと一歩!!セラミックはおいくら?

 

月3~4回の治療ペースで歯科医院に通院中のミムラです。

 

痒疹・治らない湿疹の治療のために、金属アレルギーを疑い、歯科金属を取り除きノンメタルまであと一歩、というところまできました~♪

 

これまでは、保険治療が効きましたが、最後の2本だけは充填の治療ができず、強度の問題もあり人生で初めて保険外治療をすることになりました。

 

ミムラが選択したのはセラミック素材での治療です。

さてさて、人生初のセラミックのお値段はおいくら?

 

今日もノンメタル治療の一部始終をレポートしていきますので、参考にどうぞ!

 

ノンメタル治療とは

 

ノンメタル治療とは「金属を使わないで治療する」ということです。

はい!説明終了~(笑)

 

ノンメタル治療について記事にしてたかな~?と記憶が定かじゃないので、ノンメタル治療について書いてみました。ADHDはすぐ忘れる・・・(≧▽≦)

 

 

ノンメタル治療のメリットとは

ノンメタル、「体にある金属を取り除くと体の悪いところが治っていく」とのことです。では、どんな症状が良くなっていくのでしょうか。

 

アレルギー症状:アトピー、手足の湿疹、顔の湿疹、金属アレルギーなど

不定愁訴(ふていしゅうそ):めまい、耳鳴り、イライラ、不眠など

その他、全身の不調なども改善されていくそうです。

 

ミムラは、お手入れをしてもまったく治る兆しのない顔の湿疹を治したい一心で、ノンメタル治療を受けることにしました。

 

5月のゴールデンウィーク明けから歯科医院に通いはじめ、ようやくノンメタル治療のゴールが見えてきた!!というところまできました。

 

 

すべての歯科金属の取り外しが終わりました!

 

15年以上も歯科受診をサボってたミムラですが、虫歯は親知らずを含め2本のみ。

虫歯の治療がほとんど必要ではなかったため、通院のたびに2本ずつ歯科金属を取り外して、レジンを充填していくことができました。

 

そして今回、最後の2本の歯科金属を取り外しました。

 

 

2週間後にはノンメタル治療は終了予定ですが、セラミックのお値段は?

 

型取りをして、セラミックでの詰め物を作ってもらいます。

 

セラミック

 

 

ちなみに、セラミックのお値段は1本40,000円弱(消費税込み)です。それが2本必要なので、約8万円の出費となりますが、しょうがない。

 

先生から「金額を取るか?」「強度を取るか?」と言われましたよ( *´艸`)

今後のミムラの資産になりそう・・・(笑)

 

 

治らない湿疹の原因はいくつも複雑に絡み合ってる可能性がある(仮)

 

病気はいくつもの原因が絡み合っているのでは?

 

 

治らない湿疹の原因が金属アレルギーかも・・・とノンメタル治療を決意したわけですが、治療を進めていくうちに金属アレルギー以外が原因の可能性もみえてきました。

 

●金属アレルギーを含むアレルギー疾患

●歯周病

●その他の疾患

 

どの疾患が原因か?というのは最後までわからないような気がするんですよね。

最終的に、いくつかの疾患が複雑に絡み合ってた!みたいな結果になるんじゃないかと、予想しています。

 

去年から、自分の体に向き合ってきて、そう強く感じるのですよ。

結局は自分に関係するものすべてが絡むんでしょうね。

 

 

最近のミムラのお顔の湿疹は改善傾向ではあります。が、まだまだ油断は禁物ですね。近いうちに画像でお見せしますね~♪