あるところから譲り受けた昭和レトロな木製椅子。

なんと最初の東京オリンピック(1964年)の年に作られたものでした。

 

今回は昭和レトロで可愛い木製椅子を紹介したいと思います。

 

 

昭和レトロな木製椅子は55年も前の昭和学校の備品でした

 

県内のとある学校の備品だったものです。

椅子の背もたれ裏には「昭和39年4月1日○○」と日付と学校名が残っています。

 

ミムラ、まだ生まれてません(笑)

両親は結婚すらしてないし( *´艸`)

 

昭和の学校備品 木製椅子

 

55年前、昭和39年(1964年)の木製椅子。

そういや、最初の東京オリンピックって昭和39年10月10日開催ですよ!

 

 

この木製椅子にあったテーブルが欲しくて試行錯誤して、少し前にカウンターテーブルを自室にDIYしました。

 

関連記事⇒壁用石膏ボードの負担を軽くする折りたたみ式棚受けの取り付け方コツ3つ

【DIY】窓下壁面、折り畳み式棚受けを利用したカウンターの作り方

【DIY】窓下壁面、折り畳み式棚受けを利用したカウンターの作り方2

【DIY】窓下壁面、折り畳み式棚受けを利用したカウンターの作り方3

 

 

 

昭和レトロな木製椅子の下は〇〇らしい

 

ず~っとなんだろうと思っていたんです。

 

 

いろいろと調べてみたんですが、謎を紐解くヒントはなかなかみつからず。

 

ようやく見つけたのは、昭和レトロな学校椅子を扱うアンティークショップやオークションの商品説明文の一文。

 

「荷物置き」って記載されてました。

 

これが本当かどうかはわからないんだけど、言われてみれば確かに「荷物置き」に見えなくもない。

 

学校の椅子だから、鞄などの荷物を置くことはあるだろうし、床に直接置くことのないよう気の利いた構造になっています。

 

 

 

昭和レトロ!大好きなモノがそばにあると心がウキウキします

 

ミムラは大好きになったモノをとっておく癖があります。

 

子供の頃も大好きな人形やぬいぐるみ、いろいろなおもちゃや雑貨を、とっておいてました。ちゃ~んと箱に入れて、目的別にしまってありました。

 

母親が勝手に近所の小さな子にあげてしまったときには、泣き叫んで怒ったことがありましたね~。

 

 

そんな手放さなかったモノたちを、たまに取り出して眺めるのが好き(笑)

そのうちご紹介したいと思います( *´艸`)

 

 

 

先日ようやく仕上がったカウンターテーブルは、ミシンをかけるのにちょうどいい高さに仕上げました。

 

ここでチクチク針仕事をしたり、物思いにふけったりする予定♡