毎日情報が更新される「新型コロナウィルスによる肺炎」の情報。感染が拡大されており、患者数はどんどん増えています。

 

コロナウイルスは、飛沫感染(唾液や咳)や接触感染によって拡散していることが分かっています。

 

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、私たちが今すぐできる予防策は「正確な手洗い」です。

 

手洗いって簡単そうですが、実は手を綺麗に洗うのには、きちんとした手順があります。正確な手洗いの方法を身につけて、感染を防いでいきましょう。

 

感染拡大を防ぐには、ひとりひとりの心がけがとても大事です。

 

新型コロナの予防策!すぐできる正確な手洗いで感染を防ぐ!!感染防止策の基本「手洗い」を徹底することで感染拡大を防ぐ

 

人間の手は、いろいろなところを触ったり、咳やくしゃみを手で覆ったり、ウイルスや菌が最も付きやすい部位です。

 

そして、その手を介して、感染は広がります。

 

手で食べ物をつかんで口に入れる、口や鼻を触る、取っ手や手すりをつかんだり触ったりする・・などです。

 

新型コロナウイルスだけではありません。インフルエンザや菌などの感染を防ぐのに大切なことは、手洗いなのです。

 

 

医療従事者だと、手洗い・手指消毒・手袋着用と徹底して手を覆います。ケアの後は、また手洗いをします。だからいつも手はガッサガサ。それくらい頻繁に手を洗います。

 

新型コロナウイルスに対して、WHO(世界保健機関)は手洗いを推奨しています。

 

 

手を洗うと簡単に言いますが、手洗いを適当にやっても予防にはなりません。手洗いには、きちんとした手順があります。

 

正確な手洗いの方法を身につけて、新型コロナウイルスもインフルエンザも予防していきましょう!!

 

 

新型コロナの予防策!すぐできる正確な手洗いで感染を防ぐ!!正確な手洗いの方法とは?

 

手洗いの講習会で実感したことは、意外と難しかったということ。でも、手順を踏めば、きれいに洗えるようになりますよ。

 

厚生労働省から出ているリーフレットをお手本に見ていきましょう!

 

新型コロナの予防策!すぐできる正確な手洗いで感染を防ぐ!!正確な手洗いの方法とは?

 

①~⑥の手順で順番に洗っていきます。

覚えてしまえば簡単、ぜひやってみてくださいね。

 

でも、すぐに手を洗えないときもあるかと思います。そんなときに便利なのが、手指消毒薬です。

 

新型コロナの予防策!すぐできる正確な手洗いで感染を防ぐ!!正確な手洗いの方法とは?2

 

 

大きいものだとポンプタイプがありますが、携帯用の小さな容器に入っている手指消毒薬もあります。下の画像を参考にどうぞ!

サラヤンジェルSH1 42367(250ML・ポンプツキ) サラヤ [指定医薬部外品]

 

 

【指定医薬部外品】手ピカジェルおでかけホルダーピンク60ml(携帯用)

 

どちらもアルコール70%以上含まれている手指消毒薬です。ジェル状なので、まんべんなく手全体に行き渡ります。

 

 

新型コロナの予防策!すぐできる正確な手洗いで感染を防ぐ!!正しい咳エチケットで感染を防ぐ

 

昔は咳やくしゃみをするときは、手で押さえて・・・と言われたものですが。

今やそれは間違った咳エチケットです。

 

 

新型コロナの予防策!すぐできる正確な手洗いで感染を防ぐ!!正しい咳エチケットで、感染を防ぐ方法!1

 

これは絶対にダメ!!

自分の手が感染源になってしまいます。

 

 

最新の方法では、「肘で抑える」で咳エチケットが推奨されてます。

 

新型コロナの予防策!すぐできる正確な手洗いで感染を防ぐ!!正しい咳エチケットで、感染を防ぐ方法!2

 

肘??

ちょっとびっくりですが、これが最新の咳エチケットです。

 

息子は鼻炎を持っていて、いっつも肘でくしゃみを抑えてましたっけ。別に教えてなかったけど、だからいつも洋服の腕が汚れてましたよ(笑)

 

新型コロナの予防策!すぐできる正確な手洗いで感染を防ぐ!!マスク着用は自分が感染を広げないための手段!

 

咳やくしゃみが出る人は、できるだけ外出を避けることが望ましいです。

 

ですが、どうしても外出をする場合、人混みの中に行かなければならないときは、必ずマスクをつけましょう。他人を感染させないためのマスク着用。この意識が大切です。

 

また、人の多い場所へ行く場合、インフルエンザや風邪などのウイルス感染をしたくない場合は、マスクを着用することも、予防のひとつにはなります。

 

手洗い、うがい、必要時にマスク着用する!!

 

うがいは、頻繁に出来ない場合の方が多いと思います。その場合の対策として、こまめな水分補給で喉を潤すことも効果があります。

 

自分の身は自分で守る、という意識を持って、生活していきましょう。

 

 

また、「自分が感染者のつもりで行動する」と、周囲の人たちへ、どうふるまうか?どういう行動が必要なのか?と考えながら行動することになります。

 

不顕性感染(感染してるけど症状がでていない)を防ぐことになりますし、相手を思いやることに繋がると思います。