• 乳がん
乳腺嚢胞とは?

 

先日のマンモグラフィーとエコーの検査の結果、乳腺嚢胞がみつかりました。

乳腺嚢胞とは、いったい何ぞや??

 

乳腺嚢胞について調べてみたので、シェアしたいと思います。

 

 

乳腺嚢胞の症状

 

乳房を触ると、丸くやわらかめのしこりです。

ゴツゴツした感じはなく、ツルっとした感触。

乳頭分泌を伴うこともあるようです。

 

 

乳腺嚢胞とは

 

乳腺細胞は分泌機能を持っており、分泌物が貯留してできる。
授乳期にミルクが貯まったものはミルク嚢胞と呼ばれる。
超音波検査で単純な嚢胞であれば経過観察、あるいは針で穿刺して内容を吸引すれば消失する。
稀に、嚢胞壁に癌ができているものがある(嚢胞内癌と呼ばれる)。
嚢胞内に液体以外のものが見えれば穿刺して細胞検査をおこなう。

引用:いしいクリニック乳腺外科HP

 

 

乳腺嚢胞と診断されたら?

 

通常、治療は必要ないようです。

経過観察か、状態によっては穿刺吸引が必要になることも。

 

主治医の指示に従い、定期的な診察を受けましょう。

 

 

乳腺嚢胞、私の場合

 

ちなみに私の場合は嚢胞壁にガンができる可能性もあると先生から言われました。

 

早期発見のために、半年に一度の検診をするよう勧められたので、その通りにしようと思います。

 

で、半年後の検診の予約も取りました。

今後は、半年に一度のペースで乳がん検診を受けていくことになります。

 

 

まとめ

 

乳房の病気は、乳がん以外にも、乳腺嚢胞や乳腺炎、乳腺症など数種類存在していることがわかりました。

 

悪性・良性に限らず、病気の早期発見には、マンモグラフィーやエコー検査が有効なことも体験を通して、理解できました。

 

ついつい後回しにしてしまいがちな検診ですが、積極的に受けることが自分を大切にするのはもちろん、家族を大切にすることだと、痛切に感じました。