軽度のADHDであることを公表している勝間和代さん。

その勝間和代さんの動画で語られている、勝間さんの片づけの基準が凄すぎて驚愕したんですが、すぐに共感に変わりました。

 

ミムラの基準は甘すぎた・・・(笑)

今すぐ手放せるモノがたくさんあるじゃないの!

 

勝間和代の「片付けのたった一つのコツ」とは?

 

1か月に1回以上使うモノしか置かない・・・:(;゙゚”ω゚”):

凄すぎでしょ!この基準は・・・。

 

詳細は勝間さんの片付けのたった一つのコツを教えます」という動画を見てください!!

 

 

これを基準にしてしまうと、日常生活に必要なモノ以外のほとんどを、手放すこととなりますね。

 

3か月とか半年とかシーズンとか・・・ミムラの基準は甘すぎた?と驚愕したのと同時に共感してしまいました。

 

ADHDの衝動性を利用して、勝間さんの片付け基準「1か月1回以上使うモノしか置かない」に沿って、一気に手放していけそうな気配?!

 

 

思い入れのあるモノたちをどうするか?が問題なのでカウントしてみることにしました!

 

例えば、置物や絵画は「使う」という行為が無いので、手放す対象となりますね。だけど、家族の写真とか卒業アルバムとか、お気に入りの置物や土産物。

 

そうしたモノたちをどうするのか?

 

実はミムラも手放せずに、とりあえずBOXへ入れているモノがありまして。これからどうしたらいいのか?悩んでいたところだったんですよ。

 

 

で、ちょうど9月に入って区切りもいいので、「使ったものをカウントしてみよう」かと。

1か月カウントしてみて、1回以上/月に使ったモノたち以外を手放してみる

 

 

【1か月間家中カウント大作戦】⇐と勝手に命名してみた

ルールは以下のようにします。

 

1.カウントするものは家の中にあるモノたち全部が対象

2.家族の誰かが使ったならそのモノは1回カウントされる

 

 

1人で済んでいるならいいんですが、幸いにも家族がいるので、自分勝手には捨てられませんのでね・・・。娘にも協力をお願いしてみます。

 

 

これなら、10月以降はカウントに沿ってモノを手放していく作業のみ。(と思いたい!)

今よりは手放す速度が上がるんではないかと、期待してるんですけどね。

 

集計結果が楽しみですね~( *´艸`)