がんで療養中のとき、気持ちが上がらず何もやる気が起きず。

退院直後はそんな気持ちはなかったんですが、だんだんと気持ちが沈んでいきました。

 

これってうつなの??

ADHD二次障害にうつ症状があるのは知ってましたが、まさか自分が該当してるの?

 

自覚がなかったうつ状態の自分

 

がんの療養中、考える時間がたくさんありました。

 

がんのこと

これまでの自分のこと

これからの自分のこと・・・

 

でも一番は、今までいろんなことを我慢して頑張ってきた「自分を解放してあげたい」でした。そして、病気休暇中は「今まで忙しくてやれなかったことをやろう!」って思ってました。

 

 

幸い、乳房を温存できたので後遺症もほとんどないだろうし、自分の気持ちに正直に生活していこうって楽しみにしてたんです。←ロングバケーションです( ´艸`)

 

 

入院中から夜眠れなくなりました

 

入院中は病室への看護師の出入りが頻繁で、夜も眠れない状態でした。でも退院したらぐっすり眠れるだろうと思ってたし、病気とはいえゆっくりと過ごせる時間を満喫するつもりでした。

 

が!!退院しても夜眠れない。

 

なんだかんだと約1か月の間、夜はほとんど眠れず、朝方にようやく眠りにつくという昼夜逆転状態が続いてました。

 

しかも、体がビクついてしまうんです。

脳と体が分離してるみたいな、自分の体が自分じゃないような、変な感覚が気持ち悪い。

 

関連記事⇒体のピクつきで熟睡できない!原因と対処法

 

ぐっすり眠れないのは、体を動かしていないからかな?とも思ってました。

退院後の心療内科受診時に先生にお話しすると「まずはぐっすり眠れる状態にしましょう」と言われ、睡眠薬を処方してもらうことになります。

 

2週間後に経過をみるために、受診をすることになりました。

 

 

私、うつ状態だったんだ・・・

 

いつものように心療内科の受診。自分の今思ってることとか、状態とかをお話しました。

 

やる気が起きないこと、同じ環境に戻っていくことへの不安、漠然としたいろんなことへの不安感が強いことをお話したら、先生はちょっと考えてこう言いました。

 

「薬飲んでみる?」まったくピンとこない私。

「何の?」

うつの薬処方するから飲んだ方がいい」

「これってうつなの?」

「そうだね」

 

そんなやり取りをしたんですが、自分がうつ状態だったとはまったく自覚なし!!

でも、まだ薬は飲みたくありませんでした。

先生にお願いして、もう2週間様子を見たいと言いました。

 

幸い仕事はお休みしてるから、直接自分に降りかかるストレスはないはずだったんですけどね。

 

 

抗うつ薬は飲まず、まずは仕事復帰して様子をみることにしました

 

さらに2週間後の心療内科受診の日。

先生は「診断書を書くよ」と言ってくれました。がんで仕事は休んでいたけど、本当にゆっくりと休めていない状態だからと心配してくれました。

 

先生と相談し、自分の気持ちを重視しして、抗うつ薬は飲まず仕事復帰してみることにしました。

 

「辛かったらすぐおいで。いつでも診断書書くから」って言ってくれて。嬉しかったなあ。

 

 

自分の本当の気持ちを押し殺して生きてきたことに腹が立つ!!

 

これまでも自分の気持ちに向き合ってきたつもりでしたが、結局「つもり」だったのでしょうね。

 

本当の意味で自分の気持ちに本気で向き合ったのは、今回が初めてだったのだと思います。何度も何度もしつこいほどに、自分に問いかけました。

 

「本当はどうしたいの?」

 

答えはいつも同じでした。「同じ環境には戻りたくない」「やりたくないことは絶対にしない」「本当の自分(ADHDの自分)のまま生きたい」

 

自分の思いをちゃんと伝えたい・・・。

 

腹は決まり、自分の思いをきちんと伝えることができました。

自分の心に正直に、やりたいように生きたいように・・・。

何十年もかかってようやく、でした。

 

 

きちんと自分の言葉で伝えたいことを伝えたら、あっけなく事が進み・・・。

「もっと早く伝えればよかった~~(ノД`)・゜・。」今までの自分に腹が立つ!!

 

 

今は心も体もスッキリです!!

 

現在はうつ状態から脱出したようです。

いつの間にか心が軽いし、気持ちは少しずつ上向きな感じです。

 

仕事復帰から2週間後の心療内科受診。

結局、抗うつ薬は使わないまま経過をみることにしました。

 

いつでも相談できる、何でも話せる主治医がいるので安心だし、自分の気持ちに正直になったことで、今まで抱えていた不安は一気に解消されました。

 

 

はあ~スッキリ!!