面倒なことはできるだけ避けたい!!

 

そう思いつつなかなかできなかったキッチン収納。油まみれのモノたちを見て見ぬふりするのにも疲れた・・・。

 

完全ではありませんが、キッチン収納を変え、実際の使い心地をお伝えしたいと思います。

 

システムキッチンの収納を使いこなせない理由

 

1.モノが多く収納しきれない

2.システムキッチン収納部とモノの大きさが合わない

3.収納棚や引き出しの基本的な扱い方を知らない(知ろうともしない)

 

以上3つがミムラがシステムキッチンの収納を使いこなせない理由です。

 

で、今やってるのが「断捨離100回捨て」でモノを減らしている途中。

モノを減らしてから収納を考えます。

「モノが本来あるべき場所」と動線を重視します。

 

ということを繰り返し実践してますが、まだまだモノが多いということを感じてしまいますね。

 

 

動線を考えながら、モノを移動し調整中!

 

ガスコンロ周囲に調味料やポットなどいろいろと置いてあるので、見た目がごちゃごちゃしてるし、油汚れが付くし、掃除するのが面倒でしょうがない。

 

面倒なことからおさらばするには、今表に出ているモノたちを全部収納するしかない!!

 

システムキッチンの収納について考えてみた

 

引き出しの大きさや深さが、収納したいものと合わないことが多く、途中くじけそうになりましたが、踏ん張りました~(´;ω;`)

 

 

コンロ下に収納したモノ

 

●鍋類

●ざる・ボール

●油・調味料・コーヒー・ミルクなど

 

コンロ下に収納した鍋など

 

システムキッチンの引き出しに調味料収納例

 

 

シンク下に収納したモノ

 

●ホットプレート

●電気鍋

●洗剤・スポンジなど

●米びつ

 

シンク下に収納したモノ

 

 

食洗機の下の引き出しに収納したモノ

 

●おたま、フライ返し、菜箸など

●お菓子作りの道具(一部)

 

 

吊戸棚に収納したもの(使用頻度の低いモノ)

 

●蒸し鍋、大鍋

●麦茶ポット、タッパーなど

●はかり、お菓子作りの道具

●カセットコンロ

●ゴミ袋・ラップなど

 

キッチン吊戸棚に収納したモノ

 

キッチン吊戸棚に収納したモノ

 

 

結論!動線に合わせた収納はとっても使いやすいという事実

 

とりあえず、上の収納で実際に料理をしてみた結果。

めっちゃ使いやすく感動!動線に合わせた収納に変えてよかった!!

 

 

が、画像に撮って見てみると、まだまだごちゃごちゃしてる印象で気持ちよくない。

もっとスッキリさせたいし、手放そうか悩むものもあるので改良の余地ありですね。まだまだモノと向き合い続ける日々は続きます。