100回捨て地味に継続中!

今回は洗面台まるごと手を付けました。

 

はみ出すモノたちが増えてきて、洗面台の上や収納棚がごちゃごちゃになってきたので、気になっていました。

 

やっぱり使わないモノ、もう必要ないモノ、もらったモノはもらったまま、そんな状態だったので、捨てました。

 

洗面用具は今使っているモノ、ストックは1つのみ。

 

使いやすさも考えて、棚の高さを変えたり、モノの置き場や取り出しやすさも考えて、こんな風に変わりました。

 

【100回捨てはじめました~67】洗面台の収納棚 洗面用具は必要最低限に「まずは、現状確認before」

 

まずは洗面台の上から・・・。

【100回捨てはじめました~67】洗面台の収納棚 洗面用具は必要最低限に「まずは、現状確認」1

ごちゃごちゃに毎日ストレスです。

息子が持ち帰ったドライヤーと髭剃りが出っ放し。

 

 

収納棚の中身その1

【100回捨てはじめました~67】洗面台の収納棚 洗面用具は必要最低限に「まずは、現状確認」2

娘と私のモノがほとんど。

使っていないモノもあり、捨てるしかないですね~(;^ω^)

 

 

収納棚の中身2

【100回捨てはじめました~67】洗面台の収納棚 洗面用具は必要最低限に「まずは、現状確認」3

ここでも使っていないモノが半数以上。

捨ててから、息子のはみ出してるドライヤーと髭剃りを収納したい!!

 

 

収納棚の中身3

【100回捨てはじめました~67】洗面台の収納棚 洗面用具は必要最低限に「まずは、現状確認」4

こちらはストック入れとしています。

が、試供品やいらないモノもチラホラ含まれます。

 

100回捨てをしながら、棚の高さを変え、掃除をし、取り出しやすくするためにモノの配置を変えていこうと思います。

 

 

 

【100回捨てはじめました~67】洗面台の収納棚 洗面用具は必要最低限に「afterはこんな感じになりました」

 

洗面台の上・after

【100回捨てはじめました~67】洗面台の収納棚 洗面用具は必要最低限に「afterはこんな感じ」1

歯磨きに必要なモノと、今使う日焼け止めのみを置いてます。

 

 

収納棚1

【100回捨てはじめました~67】洗面台の収納棚 洗面用具は必要最低限に「afterはこんな感じ」2

身長の低い娘と私。モノの配置は下段メイン。

上下で分けるのではなく、真ん中から分けて上下を使うことにしました。

娘のモノは勝手に処分はできないので、本人に任せることにしてます。

 

 

収納棚2

【100回捨てはじめました~67】洗面台の収納棚 洗面用具は必要最低限に「afterはこんな感じ」3

ドライヤーと髭剃りを予定通りに収納。くるくるドライヤーのブラシとブラシはミムラの必需品。

 

画像下にチラっとみえるフックのところに、くるくるドライヤー本体が引っかかるようになります。(娘が持ち出してます)

 

 

収納棚3

【100回捨てはじめました~67】洗面台の収納棚 洗面用具は必要最低限に「afterはこんな感じ」4

こちらは完全にストックオンリーにします。

ここにあった中途半端に使って残っていたボディクリームなどは捨てました。

 

 

 

【100回捨てはじめました~67】洗面台の収納棚 洗面用具は必要最低限に「捨てたモノたち2アイテム」

 

100回捨てアイテム1:試供品やスプレー類などなど

【100回捨てはじめました~67】洗面台の収納棚 洗面用具は必要最低限に「捨てたモノたち2アイテム」1

スプレー類は中身をしっかり出し切って!

自治体のルールに従いましょう!!

 

 

100回捨てアイテム2:使っていない化粧品と試供品

【100回捨てはじめました~67】洗面台の収納棚 洗面用具は必要最低限に「捨てたモノたち2アイテム」2

お肌の調子が悪くなったここ2年、ほとんど使わず過ごしています。

月日の経ってしまったものも、お肌には毒にしかならないので捨てました。

 

ミムラのお肌は余計なモノを使わないことで、徐々にですが調子を取り戻してきていますよ~(*´▽`*)

 

 

 

【100回捨てはじめました~67】洗面台の収納棚 洗面用具は必要最低限に「まとめ」

 

・今使っている必要なモノだけを残す

・ストックは今使っているモノの他にひとつのみ

・取り出しやすさに妥協はしない

・家族が使用しているモノは勝手に捨てない

・化粧品類にも使用期限はある、古いモノは捨てる

・もったいなくても、棚の上段にモノは置かない

 

以上、今回のまとめでした。

参考にしていただければ幸いです(*´▽`*)

 

最後まで読んでいただきまして、どうもありがとうございました。