ず~っとパソコン処分したかったんですが、パソコン処分の前にHDDデータを消去しなければならないことと、自治体の処分業者の一覧表がいまいちわかりにくく・・・。

 

で、問い合わせするのも面倒くさくて、ず~っとクローゼットの中にしまいこんでありました。

 

10年以上も前、中古で買った初めてのノートパソコン。一番はHDD(ハードディスク)のデータ消去をどうするか?で、放置してあったんですけどね。

 

ようやく、重い腰をあげてパソコン処分の手続きをして、パソコン処分したので、体験レポートとして残していきたいと思います。

 

 

パソコン処分の一番の問題はHDDのデータ消去だと思う

 

HDD(ハードディスク)そのものは、小さな部品でしかないんですけど、この小さな部品の中に、どれだけ重要な情報が入ってるのか?

 

個人データがわんさか入ってると思うと、簡単にパソコン処分できないという現実。

 

しかも、パソコンを処分する前に、HDD(ハードディスク)のデータの消去が必要って、何とも面倒な機械だなあと思います。

 

 

今更だけど、HDD(ハードディスク)って何??

ハードディスクドライブ(英: hard disk drive, HDD)とは、磁性体を塗布した円盤を高速回転し、磁気ヘッドを移動することで、情報を記録し読み出す補助記憶装置の一種である。SSDと比べ、大容量でも低価格なことが特徴。

引用先:Wikipedia

 

簡単に言うと、情報の記憶装置ということになります。

ここに書き込まれている記憶を消すには、専用のソフトが必要とのこと。もちろん、有料です。

 

うう~(;一_一)

 

これを無料でできないものか?もしくは、自分で消去できないか?(ついつい、こういうことを考えてしまうのよね)

 

 

HDD(ハードディスク)は破壊できる

いろいろと調べた結果、プラッタを破壊すればデータ消去OK!!という情報を発見。

これなら自分でできるじゃん!!

 

HDDの中にある磁性体を塗布した円盤が、プラッタという部分で、「プラッタを破壊しなければデータを完全に消去することはできない」そうなんですね。

 

プラッタのイメージとしては、一昔前のフロッピーディスクの中身みたいなもん?なんて思ってたけど「プラッタ=アルミニウムorガラスorセラミック」だそうです。

 

最近のHDD(ハードディスク)はアルミニウム製が主流のようで、HDD(ハードディスク)に穴を開けて破壊するそうです。

 

「ソフマップのHDD(ハードディスク)破壊サービス」なんてのもあります。

 

 

ダメで元々!とりあえずHDD(ハードディスク)を取り出し、破壊してみよう!!

 

【100回捨てはじめました~37】HDDを破壊して、パソコンを無料で処分してみました!2

 

HDD(ハードディスク)の破壊については、いろんな人が記事にしてくれてるので、HDD破壊の記事を参考にやってみました。

 

 

が・・・パソコンがあまりに古すぎるのか、どこにHDD(ハードディスク)が入ってるのかわからない~(´;ω;`)

 

【100回捨てはじめました~37】HDDを破壊して、パソコンを無料で処分してみました!1

 

 

あれこれいじっていると・・・もしかしてここですか??って部分を発見!

【100回捨てはじめました~37】HDDを破壊して、パソコンを無料で処分してみました!3

 

 

蓋を取ると・・・

【100回捨てはじめました~37】HDDを破壊して、パソコンを無料で処分してみました!4

出た~~~~!!

ってよくわからない細かなゴミも一緒に落ちるぅ~:(;゙゚”ω゚”):

 

 

【100回捨てはじめました~37】HDDを破壊して、パソコンを無料で処分してみました!5

ハードディスクドライブって印刷されてるから、これでいいんだよね??

 

 

ですが、ネジが特殊なもので手持ちのドライバーでは開きません。

どうしようかなぁ・・・と作業を一時中断し、再度ネット検索。

 

すると、蓋は開けなくても外側から穴を開けて、中のプラッタを破壊すればいいみたい。千枚通しのような先の尖ったもので、突き刺すことにしてみました。

 

日頃のDIY用に金槌持っててよかったわ~♪

 

 

床を傷つけないようクッションとなりそうな段ボールをベランダに持っていき、千枚通しを金槌でガツン!!

 

なんかさ、うんともすんとも言わないんですが・・・。HDD(ハードディスク)を振ってみたけどプラッタが割れた音はしない。

 

 

ガラス製じゃないのかな?アルミかな?

ええい!何度でも突き刺したるわ~~~~(。-`ω-)

 

と、何度も金槌で突き刺すこと4~5か所。

恨みつらみで藁人形に五寸釘打ってるような気分(笑)

 

 

HDD(ハードディスク)を振ってみると、ガラスが割れたような音がします。

やった~!やればできるじゃん(≧▽≦)!!

【100回捨てはじめました~37】HDDを破壊して、パソコンを無料で処分してみました!6

開けた穴からは、キラキラした破片が動くのが確認できました。

 

これでデータ破壊完了!!お疲れさまでした~♬

次は、パソコン回収の手続きをとります。

 

 

パソコン処分、段ボールに詰めて無料回収してもらえます!

 

ネット検索でみつけたのが【国認定】不用PCの宅配便回収<リネットジャパン>

古くても、壊れてても、HDDが無くても引き取ってくれるのです。

 

 

しかも環境省認定で自治体と連携している、ということで信用できますよね。

ミムラの自治体でも連携しており、ここにお願いしようと決めてました。

 

HDDのデータ消去の問題も解決したし、宅配便利用(佐川急便)で集荷にも来てもらえるので、とってもありがたいサービスです。

 

サイトから必要事項を入力し、回収依頼の手続きが済んだら、パソコンを段ボールに詰めて集荷を待つのみ!宛名を書く必要はなく、段ボールを持って行ってもらうだけです。

 

 

パソコンの他にも、ケータイ電話や家電製品(一部回収不可)も一緒に送ることができます

 

しかも、パソコン本体を含む回収だと1箱無料回収してくれます!!

ただし、以下の場合はオプション料金がかかります。

 

“おまかせ”安全消去サービス:3,000円/台
段ボール事前配送サービス:398円/箱
CRTモニター(ブラウン管)リサイクル料金:3,000円/台

 

引用先:リネットジャパン

 

 

パソコンを詰める段ボールはあるものを利用してもOKです

 

【100回捨てはじめました~37】HDDを破壊して、パソコンを無料で処分してみました!7

 

 

ミムラが回収をお願いするのはノートパソコン1台のみ。

他に家電を!と思いましたが、今のところ一緒に送りたい家電は無かったんですよね。

 

パソコン1台の段ボール、手持ちにちょうどいいサイズはありません。

なので、パソコンサイズに段ボールをリメイクです。

 

中身が出なければ、紙袋などに入れてもいいそうですよ!

 

 

パソコン無料回収手続きはこちらからどうぞ!

【国認定】不用PCの宅配便回収<リネットジャパン>

 

 

あとは、集荷日を待つのみ。

佐川急便に渡したら終了です。お疲れさまでした~(*´▽`*)

 

 

まとめ

 

パソコン処分は、HDD(ハードデイスク)のデータさえ消去できれば、後はリネットジャパンに回収処分をお願いするだけ。

 

国から認定を受けているので安心しておまかせできます。

 

やってみたら意外と簡単に処分できてしまったので、いままで躊躇していたのは何だったの?とアホらしく思ってしまいました。

 

今はほとんどの人がパソコンなどの情報機器を持ってますから、ぜひ利用してみてくださいね。