通信講座の学習方法にはルールがあります。

受講の手引きをよく読んで、学習方法のルールに乗っ取って進めていきましょう!

 

通信講座もeラーニングで学ぶ時代になりましたね!

 

その昔は、テキスト一式が送られてきて、課題を郵便で送って・・・。と、通信講座の姿でしたが、今やeラーニングで学ぶ時代となりました。

 

なので、テキストも専門サイトからダウンロードして、課題も添付ファイルで送って・・・。やったことがなければチンプンカンプンだったことでしょう。

 

現役でお仕事してればパソコン操作は当たり前になってくるので、説明さえあれば問題なくeラーニングと課題提出はこなせると思います。

 

この度、ミムラは本格的におこもり活動のひとつとして、テープ起こしを本気で学びはじめました。

 

 

テープ起こし通信講座を申し込んでから一番最初にやること

 

通信講座で学ぶことによって違いがあるのでしょうが、テープ起こしの場合で書いていきますね。

 

1.受講申し込み・・・受講手引書が添付されたメールが届きました。

 

受講の手引き、しっかりと読んでいきましょう。

 

ミムラ面倒くさがりなので、ついつい飛ばしたくなるんですが、ここを面倒がると後々大変な目に遭います。

 

過去に手順を間違い、やる気が失せてしまった!という失敗談がありまして。うまく学びを進められなかったことが何度かあります。

 

なので、最近は面倒でも手順や手引きはきちんと読むよう心掛けています。そして、いつでも開けるようにしてますし、わからないことがあれば受講の手引きに戻り、何度でも読み直すようにしています。

 

このひと手間で、大ごとにならずに済むので、何度でも手に取って読み返しましょう!!

 

 

いよいよeラーニングを使って本格的に学んでいきますよ!!

 

2.受講開始のメールが届きました・・・土日を挟んだせいなのか?週明けにメールが届きました。受講開始日や受講者番号が記載され、カリキュラムやeラーニングの操作手順書が添付されました。

 

ここからeラーニングで学んでいくことになります。基本のテキストは冊子で送られてきましたよ。よかった~(*´▽`*)

 

せめてテキストくらいは冊子にしてほしいですよね。もし自力で印刷だったら大変だったわ。いまプリンターないのよ~:(;゙゚”ω゚”):

 

それに、テキストはきちんと冊子になっていた方が、学んだことが頭に入る気がすると思うのは、私だけでしょうかね?

パソコン上の文字って頭に残らないし、あながち間違いじゃないと思うんですが・・・。

 

 

 

テープ起こしの基本は冊子のテキストメインで学んでいきます!

 

テープ起こしの歴史とか、社会的背景なども学びに入っているのですが、何を学ぶにも歴史や背景って必ず学びますね。

 

また、テープ起こしに必要な決まり事や、基本的な仕事の流れなど、たくさんの学ぶべき項目があって、これらすべてがテキスト1冊にまとまっています。

 

実際に仕事をするようになっても、しばらくはこの小さなテキストを手元に置いておく必要がありそう。

 

付箋やチェックを入れていくことで、テキストはオリジナルへと変化していきますね。これが後々、役にたってくれることでしょう。

 

 

テキストと書き起こし演習で少しずつ学んでいってます!

 

実はね、まだ第1章しかやってないんだけど( *´艸`)

面白いですね、テープ起こし。テキスト読みながら「へぇ~・・・」と知らない世界を知っていく楽しさ。久しぶりに味わっています。

 

久しぶりに「自分から学びたい!」と始めたテープ起こしの通信講座ですが、やっぱり自分から学びたいと思うものだと文字のみのテキストでも面白いと思えるものです。

 

1章ずつ演習問題も解いて、eラーニングで課題を報告して・・・ひとつひとつ課題をクリアしていく感覚。

 

まるでゲームだな、と思いました。

ラスボスは「資格検定試験!」ですね( *´艸`)

 

 

こんな感じで楽しんで、テープ起こしの通信講座を受講中です!!

時々こんな感じで、通信講座の受講風景をお伝えしてみようと思いま~す

(*´▽`*)