2020年、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

東京オリンピックイヤーの今年、ワクワクすることがたくさん起こりそうな予感がしますね。

 

さて、断捨離ですらまだまだ終わらないのに、全捨離という究極の8割捨てるのメソッドをしったのは昨年末。

 

ビビビっときて、思わずネットで全捨離の方法や、決まり事など実践に必要なことを調べてみました。(;´・ω・)

 

全捨離について知り得たことを、メモしていきますね。

 

断捨離を超えちゃってる全捨離とは?2020年、8割捨てるを終わらせる!全捨離とは?

 

全捨離とは?8割のモノを捨てることで、一気に開運するという最強かつ最速の開運法、メソッドを言います。

 

8割のモノを手放すというのは、世の中は8対2の法則で回っていているというもの。

 

断捨離を超えちゃってる全捨離とは?2020年、8割捨てるを終わらせる!

 

 

 

例えば・・・

ビジネスにおいて、売上の8割は全顧客の2割が生み出している。

商品の売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している。

売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出している。

社会全体の上位2割の(富裕層)が世の中の富の8割を保有しており、逆に8割の低所得者層は社会全体の富の2割しか占めていない。

引用元:全捨離のすすめ

 

8対2の法則はいろいろな場面で使われる話ですよね。

8対2の法則が、運気を上げるメソッドにも当てはまっているとのこと。

 

やってみたい・・・とは思うけど、なかなかどうして、強烈なメソッドなのですよ。

 

 

断捨離を超えちゃってる全捨離とは?2020年、8割捨てるを終わらせる!一気に開運させたいなら、短期間で8割捨てよう!!

 

もったいないを取るか、運気を取るか?

1、とにかくスピード重視

2、迷ったら手離す

3、床面積を広げる

 

これが、全捨離メソッドのルールと考え方です。

ミムラも「もったいないを取るか、運気を取るか」と聞かれたら、運気を取ります。

 

 

とにかく床面積を増やせ!

捨てるのはスピードが命!

 

ミムラがやってた断捨離では、スピードが遅すぎます(;^ω^)

迷いすぎて、まだまだ捨てられないモノが残ってる。

 

今までのやり方では、何も変わりませんね。決断力が無いということだし・・・。

決断できてないということは、変化を恐れてるということなんですよね。

 

捨てるときは絶対に必要で、それがないと生きていけないようなもの以外は、全て手放す覚悟が必要。

 

 

そうでした・・・。

「東日本大震災の時に、生きていくために必要なモノはそれほど多くない」と嫌というほど思い知ったはずだったんですが。

 

 

忘れてしまってはいけませんね。

 

 

断捨離を超えちゃってる全捨離とは?2020年、8割捨てるを終わらせる!ポイントや心に響いた言葉たちをまとめました

 

・自宅の床は、あなた自身を表しているのです。床が狭いということは、あなたの可能性も狭められ、何か余計なものに埋もれてしまって、本来の無限な可能性が発揮できずにいるということ

 

・大切にしてあげた人からしか、大切にしてもらえない、というのは当たり前なことですが、それはモノでも同じです。

 

・自分の家をパワースポットにする

 

・ものがもったいないよりも、あなたがいる空間を大切に!

 

・寝ている時の空間も大切にする!

 

・ベッドよりも布団

 

・1か月触っていないものは捨てる

 

断捨離を超えちゃってる全捨離とは?2020年、8割捨てるを終わらせる!

 

 

 

早期実践と短期間で8割を手放し捨てることが大切なようです。

 

今年は達成したいことがあるので、全捨離実践のポイントを確認しながら、どんどん行動に移していきますよ!!