ベッド足元にできたデッドスペースを無くしたい。

 

マンションのため、部屋の形はデコボコ、ベッドを置いた位置に変な形にデッドスペースができてしまいます。

「このデコボコのデッドスペースが嫌!何とかした~い!!」

希望としては、できるだけお金はかけたくないし、後で処分に困る収納グッズは増やしたくない。

 

 

 

今回はできるだけ簡単に、お金をかけずに「段ボールリメイクでベッド足元のデッドスペースを解消する方法」をやってみました。

 

 

あくまでも簡易的な方法ではあります。

段ボール家具とか段ボールアートからヒントをもらいました。

 

賃貸や、部屋の模様替えが大好きでよく変更する人、モノを増やしたくない人、お金は賭けたくない人には良い方法かも・・・。

 

 

 

【あつ森風】段ボールリメイクでベッド足元のデッドスペースを無くす方法

 

早い!軽い!タダ!の段ボールを利用して自在に必要なモノを作りあげる

市販で自分の部屋にピッタリ合うモノをみつけるのは、正直無理です。

お金をかけてオーダーするか、自分で作るしか手はないですね。

 

だけど、すべての人がお金をかけられるわけではないし、手作りするためのスキルを持ち合わせているか?というと、そうではないでしょう。

 

そこで利用するのが、誰でも手にしたことのある「段ボール」という素材です。

 

 

段ボールという素材をオススメする理由

段ボールは荷物の梱包だけではなく、段ボール家具や玩具(ブロックや手作り玩具など)もあるし、アート作品にも利用されます。

 

扱いさえ慣れてしまえば、自由に形を作ることができ、丈夫な素材なのです。

 

 

また段ボールに印刷されている商品名をあえて残すことで、意外なアート作品が出来上がってしまうという面白さもあります。

 

今回は、amazonさんの段ボールを使っていきます。

 

 

 

段ボールリメイクの実際、結果的にあつ森風

 

準備物:梱包用段ボール、木工用ボンド、クラフトテープ

すべて自宅にあるものなので、あらためてお金はかけていません。

偶然にもサイズピッタリの段ボールを利用

amazonのロゴがいい感じ♪

 

 

解消したいベッド足元デッドスペースの状態を確認すると・・・マンション特有のデコボコありです。

解消したいベッド足元デッドスペースの状態

できればベッド足元デッドスペースの上を、掛け布団をたたんで置けるスペースにしたい希望あり。

 

 

段ボールを補強していきます!

段ボール箱を補強する段ボール素材

これらを半分に折り、木工用ボンドで段ボール箱の四角に貼り、補強していきます。

 

 

補強した段ボール箱の内部

補強した段ボール箱の中の状態です。

補強により段ボール箱がしっかりと安定していきます。

 

補強が済んだ段ボール箱

クラフトテープは米の字に貼りました。掛け布団の重さなら全然平気です。

 

 

ベッド足元のデッドスペースに段ボールを入れてみた

とりあえず完成しましたが、こうやってみてみると、壁との隙間が気になる(笑)

 

こういうの、嫌なんですよね・・・。

壁との隙間もピッタリサイズの段ボール箱を作りましょう!

 

ここまできたら、amazonロゴが見えるような隙間BOXを作っていきたいと思います。

 

 

段ボールリメイクは安っぽいかも、だけどたくさんのメリットもあるよ!

 

たしかに貧乏くさいかも・・・(笑)

あつ森的なら「あえての段ボールそのまんま」で面白いと思いますが・・・。

 

 

でもですね、段ボールリメイクのメリットってたくさんあるんですよ。

 

デッドスペースをDIYで埋めようとすると、材料費もですが、ある程度のスキルも必要となってしまいます。

 

もし不要となった場合、簡単に捨てるわけにもいきません。

大き過ぎれば粗大ゴミ扱いになり、処分料がかかるかも、です。

 

でも段ボールならバラして、廃品回収や収集日に簡単に捨てることができます。

いつでも手放すことができる状態は、ストレスも抱えず、とってもいいような気がするんですけどねぇ・・・。

 

いかがですか?

 

 

 

ちなみに、まだ途中経過ではありますので、近々完成形を披露したいと思います。

もうちょっと、オシャレに見せたいなあ~(笑)