後回しにすると面倒なので、ここは一気にいきたいと思い、TVを見ながらちまちまと段ボールリメイクを継続中です。

 

【あつ森風】段ボールリメイクでベッド足元のデッドスペースを無くす方法

 

 

だいぶ、段ボールの扱いや箱にする過程に慣れてきた感じです。

今日も「デッドスペースを埋めることが目的の段ボールリメイク術」を披露します。

 

 

 

段ボールリメイクの実際2

 

今ある段ボールを使うのが原則。

ところが大きさが合わないんですね、欲しいサイズの段ボールが無い!!

 

残っている段ボール全部の大きさが足りない。

なら継ぎ足して欲しいサイズにアップする?

 

いろいろ考えて、見える部分だけはきちんと、見えない部分はそこそこ(笑)

そんな「デッドスペースを埋めるだけの段ボールBOX」になりました。

 

段ボールで脚を2本作ります

 

 

見える部分はきちんと製図

 

最初は「箱型」のイメージが涌かず・・・。

 

このサイトを参考にしてみました。

安価でセンスよく部屋が片付く「小さな段ボール箱」をDIYする方法|ROOMIE

 

 

面倒くさがらず、段ボールに箱型を書いていきます。

こういうの、意外とこだわってしまうみたいです。

 

箱型をカッターで切り抜き

有言実行(笑)

amazonのロゴが中央にくるような、箱型にしてみました。

 

 

ボンドで貼り付けて箱型にしました

木工用ボンドで貼り付け箱にします。

ボンドが乾くまで、のりしろをクリップで挟んでひたすら待つ!!

 

 

amazonのロゴが見える箱にリメイク

なかなかいい感じ(自己満ですが・・・)

で、脚をつけてみますよ~!!

 

 

デッドスペースを埋めることが目的の「脚付き段ボール」の出来上がり♪

完成した姿はこちら⇓

 

 

デッドスペースを埋めることが目的の段ボールBOX完成

amazonの文字が光ってるぅ~!!

これでベッド幅分のデッドスペースがキッチリと埋まりましたね。

 

もう一か所、デッドスペースを埋める目的の段ボールBOXを作らなきゃですが、コツは掴んだ!

 

完成し次第、またまた記事をUPしていこうと思います。