100回捨てはじめました!もカウント20を超え、今回は23~25のブツを記録として記事にしていこうと思います。

 

カウント23は洗面台の下

カウント24は定期的に洋服を手放したおかげで不要になったハンガー

カウント25は段ボールと紙類などのゴミ

 

カウント23は洗面台の下

 

スッカラカンになった洗面台の下

 

タイトル通りのスッカラカン状態です。ここまでくるとホント、気持ちいいですよね。

 

 

洗面台の下については、なぜかわからないけどモノを捨てやすい状況でした。あまり執着するものがないからだと、分析しますがね。

 

で、入れ物があるとモノを入れたくなるのでコレを捨てました。

 

入れる物がなくなった小引き出しを断捨離

 

この中に、いろいろと入れてました。

たとえば、ホテルから持ち帰った歯ブラシセットとか、お土産でもらった化粧品とか、試供品とかね。

 

いつか使うかも・・・やっぱ使わないです。

 

 

カウント24は定期的に洋服を手放したおかげで不要になったハンガー

 

服を手放して不要になったハンガー

(ちょこっと写ってるフォトブックも使わないので手放してます)

 

最近は、短期間で洋服を見直してます。というのも、一度多くの洋服を手放して、その時点で必要と思った洋服を残しました。

それでも、袖を通さない服が存在するのがわかったからです。

 

もうひとつは、震災後から仕事場に到着するとすぐに仕事に取り掛かることが多くなったことと、帰りがけに仕事をしてから直帰する、というような不規則な勤務が当たり前になってしまったこと。

 

震災前までは、職場についてから着替えて、朝会してから仕事。きちんと着替えてから帰宅となっていました。余裕があったんですが、震災後はすべてが変わっていきました。

 

朝は着替える時間が惜しいほど慌ただしく仕事が始まる、朝着た服を着替えることなく持ち帰ることが多くなる。

 

だったら仕事着を制服として一日過ごした方が楽です。

 

しかも、仕事着のクリーニングがいつ戻ってくるのかわからないという不定期なので、自宅で洗濯しているのも大きかったです。

 

こうしてみると、平日は制服化した仕事着があればOK!

私服を着るのは、土日か休暇のときのみということになりますね。すると、洋服の数はどんどん少なくなっていきました。

 

土日と休暇だけ着る服の数で考えると、まだまだ洋服の数は多いんですよね~(;´・ω・)

ここはもうちょっと考えないと、と思ってます。

 

 

カウント25は段ボールと紙類などのゴミ

 

あきらかなゴミである段ボールをまとめる2

 

まあ、ゴミは捨てましょう!

段ボールは子供たちが持ち運びしやすい大きさや重さを考えて、縛ります。

 

あきらかなゴミである段ボールをまとめる

 

紙類や段ボールはすぐに増えるので、こまめに捨てるしかないですよね。

ただし、段ボールを子供会に出すことを考えると、1か月以上置いておくことになるんですがね(;^ω^)

 

2か月に1回の廃品回収なのでこれは仕方ありません。

 

 

こんな感じで100回捨ては継続中です。

もうちょっとスピードアップしたいけど、疲れるので自分のペース守ってます。