コツコツと地道に続けている100回捨てですが、今回でなんと60回目!

今回は久しぶりに大物を手放すことになりました。

 

ベッドは息子のモノ、温風ヒーターは十数年使い倒したモノです。

地道にモノを手放しながら確信していること。それは・・・

 

脱・汚部屋に必要なたった一つの技術は、「モノを捨てる・手放すこと」のみ。だけど、モノと向き合うその時間がとても苦しかったりするのですがね。

 

 

実は息子さんが戻ってきました(;^ω^)

その模様は後々記事にする予定ですが、とにかく大人の住人が一人増えたわけです。

 

人が一人増える=一気にモノも増える

という恐ろしい事態に、正直イライラしてました。

 

自分の勝手では捨てられない、という事実。

相手に片付けて欲しいの思いは伝わらない、という事実。

 

 

ミムラはADHDで元々は汚部屋出身です。

娘は超綺麗好きで、床にモノはなく、モノは決まった定位置に置いてあるツワモノ。

息子はどちらかというとミムラと同じ汚部屋寄り(笑)

 

何はともあれ、ようやく息子が動き出しました。

手伝いを求めてきたら、手を貸しましょう。

 

【100回捨てはじめました~60】脱・汚部屋に必要なたった一つの技術「捨てる・手放すのみ」

 

自分の家を居心地のいい空間にしたかったら、第一にモノを捨てるか手放すこと。

モノを整理整頓するのは、いらないモノが無くなってからですね。

 

ここまでは、世のミニマリストさんや断捨離実践者さん等、多くの人たちもおっしゃっています。

 

ですが、「モノを捨てるか手放すか」という単純作業にもかかわらず、できない人たちというのが必ずいるのも現実。

 

で、このできない人に属してるのが、ADHDの私(笑)

 

とにかくモノに対して執着が強いのでしょう。

特に、自分の思い出のエピソードがよみがえるモノは、なかなか捨てられません。

 

人生を重ねていけば思い出も増える、思い出が増えればモノも増える、といった具合です。だからといって、思い出のモノすべてを、持ち続けるわけにもいかないですね。

 

 

やはり人生の転機となったのは、乳がんを経験して命の期限を意識したこと。

棺桶の中に「思い出のモノたちはぜ~んぶ入れられない」と気づいたのでした。

 

で、残された子供たちにとっては、ミムラの宝物は、子供たちの宝物になるのか?というと、絶対にならないんですよ。ミムラが死んだら全部ガラクタですよ(笑)

 

それと自分が死んだときに、人から見られて困るモノは、全部捨てると決めました。人間、いつ死ぬかは神のみぞ知るです。

 

 

どうでしょうか?

捨てられない・手放せない人も、自分のことを当てはめて考えてみて下さい。

 

 

何となく、捨てる気になってきませんか?( *´艸`)

 

 

 

【100回捨てはじめました~60】脱・汚部屋に必要なたった一つの技術「今使っていないモノは捨てる・手放す」

 

簡単に「捨てる・手放す」といっても、いざとなると「捨てる・手放す」判断材料が欲しいと思いませんか?

 

元・汚部屋出身(まだ片足突っ込んでますけど)のミムラの判断材料は、「今使ってるモノですか?」という問いかけです。

 

その問いに対して「使ってる」もあるし、「使ってねえな・・・」はい!捨て~!!と、あっさり捨てられる(いや、正直にいうと結構悩むときもある)。

 

悩んでしまった場合は、一時捨てるを保留にします。

 

よく、「専用のBOXを準備してその箱に入れておくといい」というアドバイスもありますが、ミムラは自室の隅に置きっぱなしですね。

 

毎日毎日、朝起きると、仕事から帰宅すると、寝るときに・・・日に何度も、嫌になるくらい目にします。

 

ここで、うんざりしてしまうのか?

それとも、やっぱり側に置いておきたいと思うのか?

 

大体は「うんざり」ですかね。

だって何かしなければ、ず~っとそのまんまなんですよっ!!

 

そして心置きなく、捨てられます。

 

 

他にも、期限を設けるというのもありますね。

わかるんですよ。3年とか、全捨離では1か月とか、それぞれに期限があることが。

やってみましたが、モノによっては難しいです。

 

「はい、そうですね」って捨てられたら、苦労しない。

今のご時世、コロナ騒ぎで「こんなモノが!!」ってモノが役に立ってることもある。

 

 

だから、焦らないのも大事かな~とも思います。

いいんじゃない?部屋のすみっこに置いといて、うんざりしたら捨てるでも。

 

それぞれのペースでいいと思うんですよ。

 

 

 

【100回捨てはじめました~60】脱・汚部屋に必要なたった一つの技術「今日捨てたものとまとめ」

 

今日捨てたモノたち

【100回捨てはじめました~60】脱・汚部屋に必要なたった一つの技術「今日捨てたものとまとめ」

息子さんのベッドと温風ヒーター。

今週中に清掃工場へ搬入予定です。というか、絶対に搬入します!

 

ここに、娘さんが捨てたいモノも加わる予定。

軽自動車に積めるのか?こうご期待(*´▽`*)

 

 

 

まとめ

自分の家を居心地のいい空間にしたかったら、第一にモノを捨てるか手放すこと

判断材料は、「今使ってるモノですか?」という問いかけ

悩んでしまった場合は、一時捨てるを保留にし、うんざりした時が捨て時

 

 

棺桶の中に「思い出のモノたちはぜ~んぶ入れられない」

自分が死んだら全部ガラクタ

自分が死んだときに、人から見られて困るモノは、全部捨てる

焦らないのも大事かな~

 

 

それぞれのペースでOK!!

 

 

モノを捨てる・手放す行為は、自分自身とちゃんと向き合うこと。

ちゃんと考えること。かな・・・。

 

捨てること、手放すこと、これから買うもの、これまでの自分の人生や思い出や、全部ですね。

 

 

この記事が参考になれば嬉しいです。